無駄のない効率的なSEOで集客を目指す

短期で目指さないSEOの目標

よく、SEOを行っている企業のホームページなどを見ていると、過去の実績が記載されており、1位になったなどと書かれている事もあります。

ビッグキーワードにおいて1位になる事はとても難しい事であると思います。しかし、どの位の期間1位になるかという事が重要です。

1位になる事ができても、数日や数週間程度なのであれば、その期間だけ集客を期待できるでしょう。しかし、それ以外の期間も重要です。売り上げや訪問客は一時期だけではなくて、ずっと安定して獲得する事ができれば、より理想に近づく事ができるでしょう。

SEOの目標は短期で目指すのではなくて、長い期間で考える様にした方がいいかもしれませんね。

seoのキーワード選定のやり方

seoにおいてキーワードは重要です。それは今も昔も変わりません。RankBrainを中心とするアルゴリズムは日々進化しており、そのためseo対策も日々変わっています。昔はキーワードや被リンクでブラックハットで上位表示していくのが一般的でしたが、今はアルゴリズムでそれらはスパム判定されます。

そのため純粋なコンテンツでの評価が基本となります。しかし、タイトルやコンテンツに検索ワードが含まれていることは今でもある程度重要です。あくまでユーザーにとってわかりやすくするために重要というものなので、入れ過ぎもペナルティの対象となります。

seoは機械学習が基本です

seoのロジックは、RankBrainによって、検索ユーザーの情報を蓄積していくことです。そして、これはすべて人工知能によって行っています。機械学習というのはこの人工知能がデータベースにデータを蓄積し、それをseoに反映させていきます。

そして、そのアルゴリズムは日々改良されているため、ひと昔前の手法が今は通用しないようなことも多いです。実際、ブラックハットに近い被リンクの大量生成やキーワードを必要以上に埋め込む行為はスパム判定を受けます。 基準も厳しいので、そのように判定されるとすぐに圏外に飛ばされます。

関連記事